タティングレース編みの魅力を東京から情報配信。うらめずらしき伝統手芸。

繊細かつ気品あふれるタティングレース編みの世界。FRIVOLITE は、伝統手芸の振興を願い、アンティークレース作品を特別公開しています。また、東京都豊島区のアトリエを拠点とし、手芸教室の開催やタティングレース編みに最適な絹糸や綿糸の販売等も行っています。

タティングレースの世界

ヨーロッパの王族に愛され続けてきた、レース編みの至宝「タティングレース」。この世界で最も美しいレース編みを、モードファッションの感性とどのように融合させるか。そして、新たにどのような世界を創造するか。プロフェッショナルの職人集団である私達が、『タティングレース編みは、単なる伝統手芸ではなく、時代を反映したファッションアイテムである』ということを証明してみたいと思います。

私達 FRIVOLITE のみが有する、独創的な美的センスとデザイン力。それらを武器に、本物のタティングレース編み作品を製作する。現代でいうならば、モードファッションにおけるパリコレクションやミラノコレクションに通用するだけの価値ある作品を創る。また、もし中世や近世や近代の時代にタイムスリップすることが叶うならば、当時の王侯貴族に、「デザインが斬新過ぎるが、これ、どうしても手に入れたい」と唸らしめるだけの価値ある作品を創る。それが、私達 FRIVOLITE が目指しているタティングレース編みです。


帝王紫と日本茜の染め作品

帝王紫染めと日本茜染めの絹糸を用いて製作したタティングレース編みジュエリー


フランスでは、タティングレース編みのことを FRIVOLITE といいます。タティングレース編みは、各国ごとにそのデザイン性が大きく異なりますが、殊にフランスのタティングレース編みはデザイン性に長けているため、それら作品に対する尊敬の念から、自分達のブランド名称(屋号)を FRIVOLITE としました。


FRIVOLITE タティングレース編みの真の魅力

連続するピコが織りなす、比類なき美しさ。世界で最も高貴なレース編み。

タティングレース編みの最大の魅力は、「幾重にも連なるピコが織りなす、その独創的な美しさ」にあります。工業技術が発達した 21世紀の現代においても、手作業でしか製作することができないレース編み。それが、タティングレースです。


タティングレース編みジュエリー

FRIVOLITE の美的感性を象徴するタティングレース編みジュエリー


音楽に例えるならば、世の中には、クラシックがあり、ジャズがあり、ヒップホップがあり、ロックがあり、パンクがあり、レゲエあり、ユーロビートがあり、その他多くのジャンルの音楽が存在します。そして、モノの価値が相対的に決められる今の時代において、どの音楽が絶対的に優れた音楽であるかは、誰にも決めることはできません(あくまで、個々の好みに依拠します)。

それと同様、レース編みにも、様々な種類のレース編みが存在します。タティングレースがあり、ボビンレースがあり、バテンレースがあり、フィレレースがあり、その他多くの種類のレース編みが存在します。そして、あまた存在するレース編みのうち、どのレース編みが絶対的に優れたレース編みであるかは、誰にも決めることはできません。そもそも、「美しい」という価値判断と「優れる」という価値判断は別物。それゆえ、前述の通り、タティングレース編みが「世界で最も美しいレース編み」と称されようとも、そのことを以て、タティングレースが世界で最も優れたレース編みであるという答えは導き出せません。

しかし、1つだけはっきり言えることがあります。それは、「世の中全体の風潮として、レース編みを『オカンアートの代名詞的存在』と捉える人達が多いなか、タティングレース編みは、本来の歴史的な成り立ちから見ても、そのようなサブカルチャーに属するレース編みではない』ということです。

昨今、日本国内いおいて、タティングレース編みは空前のブームを迎えています。しかし、その一方で、巷には、「品位や愛くるしさを兼ね備えた本来のタティングレース編みとは程遠い、似て非なるタティングレース編み作品(オカンアートと揶揄をされても、反論できないタティングレース編み作品)」が溢れています。仮にもし中世や近世や近代の王侯貴族が、それら作品を実際に手に取って見たら、いったいどのような印象を抱くでしょうか。おそらく、悲しむのではないかと思われます。

私達は現在、OEM 等のご依頼は全てお断りをさせていただき、「オリジナルブランドアイテムの製作」や「世界的なファッションブランド等とのコラボレーション」等に専念しています。タティングレース編みは私達にとっての生業であるからこそ、これからもデザイナーの感性や職人達の技術を大切に守りながら、「 FRIVOLITE ブランドの名に恥じぬ作品」を世に送り出し続けたいと願っています。

FRIVOLITE 『 タティングレースの真価 』は、こちらから。


タティングレース教室の紹介

日本国内屈指の参加者数を誇る「FRIVOLITE タティングレース教室」

FRIVOLITE では、伝統服飾品の製作を生業とするプロフェッショナルとして、タティングレース編みの文化振興を目的としたタティングレース編み教室も開講しています。


タティングレース編み教室

FRIVOLITE デザイナーの holo が創り上げたコレクション作品「 COCON 鞠緒 - MARIO - 」


FRIVOLITE のタティングレース編み教室が、世間一般のレース編み教室と決定的に異なる点。それは、3点あります(どれか 1つの要素が欠けても、FRIVOLITE のタティングレース編み教室は成り立ちません)。

まず1点目ですが、世界どこへ行っても「第一級品」として通用するオリジナル絹糸や綿糸を自社開発し、所有している点です。FRIVOLITE のアトリエにお越しくださる多くの皆様方が、「 FRIVOLITE は、もともと糸屋なのですか」と勘違いをなされるほど、私達は数多くの自社開発糸を持っています。普段、これらのオリジナル糸は、自社ブランドの作品製作のために使用していますが、タティングレース編み教室開催時に限り、特別に限定販売も行っています。事実、新幹線や飛行機に乗って、わざわざ FRIVOLITE のオリジナル糸を買い求めにお越しくださる生徒様もいらっしゃいます。

次に2点目ですが、「タティングレース編み教室を開催するための自社スペース(場所)」をきちんと確保している点です。最近、タティングレース編みのブームに便乗し、俄かにタティングレース教室が増え始めていますが、それらの多くが、カルチャーセンターやレンタルスペース、あるいはカフェ等で開催されるものばかり。私達は、この傾向に大きな危機感を抱いています。実は私達も、開講当初の一時期のみ、東京都内一等地のギャラリー等を借り切り、そこでタティングレース編み室を開催していた経験を有します。しかし、自社スペースでない場所での教室開催は、室内の雰囲気づくりが困難で、運び込める道具や商品等にも限界があり、お世辞にも生徒様に御満足いただけるサービスを提供することができませんでした。また、教室の開催場所を提供してくださる貸主に対し、場所代を支払うなり、売上の一部を納めなければならないため、巡り巡って生徒様に不要な金銭的な負担を強いる結果となります。つまり、自社アトリエ等の専用スペース以外でタティングレース教室を開催することは、メリットよりもデメリットの方がはるかに大きく、生徒様に過剰な金銭的負担をかけることにもなり兼ねません。そのため、私達は現在、自社アトリエのみでタティングレース編み教室を開講し、大切な皆様方をお招きしています(私達が学校法人やカルチャーセンター等での教室開講依頼を全てお断りしているのは、このためです)。

最後に3点目ですが、ファッションの頂点、すなわち、モードファッションに通じるスタッフが揃っている点です。現在、FRIVOLITE では、デザイナーの holo を中心として合計4名のスタッフが活動をしていますが、皆、個性豊かで明るい性格の持ち主です。私達のファッションセンスにつきましては、当ウェブサイトの作品画像等を御覧いただき、御判断いただきたいと思いますが、私達は、作品製作における技術やセンスのみならず、皆様方への接客態度にも強いこだわりを持っています。わかりやすい例を挙げますと、世間一般のレース編み教室では、講師は先生と呼ばれ、上から目線で生徒に技術指導します(特にアマチュアのレース編み教室の世界では、この傾向が強い気がします)。しかし、 FRIVOLITE のタティングレース編み教室は、その真逆です。生徒の皆様方の呼称は、「生徒さん」ではなく、「生徒様」もしくは「お客様」。そして、私達の立場は、生徒様よりも下。今日の FRIVOLITE の繁栄があるのは偏に皆様方の支えがあってこそゆえ、その感謝の気持ちを忘れず、皆様方に御満足いただけるサービスを提供できるよう、日々精進を重ねています。

FRIVOLITE 『 タティングレース編み教室 』は、こちらから。


レディースファッション情報やメンズファッション情報を配信。

日本が世界に誇る伝統服飾技術や美的感性。

西洋の「ブラック (#000000)」や「レッド(#ff0000)」は、人々の心を魅了するほどにヴィヴィッドで美しいもの。しかし、日本人が DNA の遺伝子レベルで美しいと感じる色とは、黒であれば「漆黒(#0d0015)」、赤であれば「紅色(#c12626)」や「朱色(#ff3a2a)」に他なりません。


モード系レディースファッション通販の艶 2013 FRIVOLITE


FRIVOLITE では、日本が世界に誇る伝統服飾技術や美的感性を活かしたモード系レディスファッションアイテムの製作販売に取り組んでいます。また、作品の製作販売のみならず、FRIVOLITE 独自の視点で捉えたモードファッション情報の発信等も行っています。

モード系レディースファッション通販の艶 2013 FRIVOLITE(※FRIVOLITE ファッションサイトへリンク)』